書きたくなる、筆記具

万年筆

私は普段から何か書くときは万年筆を手にしてしまいます。万年筆じゃなくてもいいんですが、やっぱり万年筆で書きたくなっちゃうんです。

 

私が万年筆を使い始めたのはこの仕事を始めてからです。文房具店なのでもちろん普通の方よりも万年筆に触れる機会も多いですし、いろいろと万年筆のことを知っていく中で万年筆は私の生活の中にすんなりと入ってきました。

 

もともと筆まめでもないし、筆記具にこだわるタイプでもなかったので、この仕事に就いていなかったら私が万年筆に出会うことはなかったと思います。

万年筆には数百円のものから何万円というか何十万円とかするものもあって初めのうちは高いのがいいもの、書きやすいものと思っていました。

 

手持ちの万年筆の中にも数百円のものから何万円もするものまでたくさんあります。その中でも1番手に持ってしまう万年筆があります。もう10年くらい愛用している1万円の万年筆です。金ペンでもなくてステンレスペン先のもので、書きやすいというか扱いやすいという感じです。ある程度重さもあって、しっかりしててガンガン使える感じが好きです。

 

購入した当時はその万年筆の書きやすさよりも色に惹かれて購入したのですが、今では普段使いに1番使いやすくて、ふと手にしてしまいます。インクが切れるまでは手入れをしなくても全然平気で書けちゃいますし、10年トラブルなく使えています。そんな気を使わない感じが私に合っている万年筆なんだと思います。

 

特別にすごく書きやすい金ペン先の万年筆も持ってるんですけどね。そういう特別な万年筆はなんだかもったいなくて、大事なお手紙を書くときなんかにしか登場しない感じです。

 

初めのうちは高い万年筆、金ペン先のものがいいものと思っていましたが、今ではその方のライフスタイルや性格によっても万年筆選びは変わってくるのかなと思ってます。

 

金ペン先の万年筆は間違いなく書きやすいんですけどね。

なので当店では初めて万年筆を購入する方、初めてではない方でも必ず試し書きをおすすめしています。

 

私の家の机の上には目に見えるところに万年筆が転がっています。そして何気なく手にしてイラストを描いたり、レシピやアイディアなんかも書き留めます。

たぶんボールペンが置いてあっても書かないんじゃないかなと思うんです。万年筆だから手にして何か書きたくなるのだと思います。

 

先日は息子の進路指導の紙に万年筆で書いてしまって、裏にも書く所があったのですが、インクが裏うつりしてしまったという失敗もありましたけど。学校の提出書類にはやはりぺんてるのエナージェルがぜったいおすすめです。

 

当店のペントノートのコンセプトが「ペンとノートのあるくらしを楽しむ」なのですが、まさに私自身がペン(万年筆)のあるくらしを楽しんでいるんだなぁと気づきました。

 

書くもの、筆記具は万年筆じゃなくてもいいんですが、万年筆を手にしてその書きたくなる感じを少しでも多くの人に感じてもらえたらうれしいです。


一覧を見る

x